コロナで新規営業に行けない!何する?

くまおさんのサイト流入ワードで下記類がとても増えています。
「コロナ 営業行けない 何する」「コロナ 新規営業に行けない」等。

この手の問いに対して、今すぐ実行可能で且つ効果の出る事ってほぼ無いと思います。ごめんね。。。
※一応記事の最後の方にやるべき事を書いてありますので、よろしければ読み進めてください。

営業会社あるあるなのですが、売上と客質のエンドレス議論とよく似ています。

売上が必要だ⇒誰でもいいから売ってこい⇒客質が悪い⇒もっと客を選べ⇒売り上げ減少⇒売上が必要だ・・・という議論の事です。もうみんなウンザリ。

コロナショック時に営業マンが今やるべきことも同じようなエンドレス議論に収束すると思います。

おそらく、上司は短期的に売り上げ補填できる手段を求めているはずです。しかし、そんな都合の良い方法はそもそも存在せず、存在しているなら平時に実行しているはずです。
ですから、コロナショックで急に営業自粛になったからと言って、対策が出てくるはずはありません。

じゃあ何をしようか、させようか?という事になるのですが、「やるべきだけれども実行できなかった事」に焦点を当ててはいかがでしょうか?
おそらく営業会社の場合、顧客リストの整理、見込み客のランクアップ、顧客フォローが該当すると思います。
まあ、実際に難しい事は分かってますよ。くまおさんも大きな組織のサラリーマンでしたから。

これも営業会社あるあるですが、ほぼ100%の営業マンが発する言葉です。

「ウチの会社は顧客のフォローが全然できてないんだよ。もっとちゃんとフォローすれば紹介とかで売上上がるのに、会社は目先の売り上げばかり追い求めて先が見えてないんだよ。」とか
「顧客リストが全く整理されてない。また見込み客を育てる仕組みがない。」みたいな。

実際にくまおさんも営業会議で、
「見込み客に定期的に〇〇の情報を提供して中期的にランクアップするように教育をしたいです!」とでも言おうものなら「あぁ?じゃあ今月の売り上げはどうするんだよ?その方法で今月の売り上げが上がるのか?今はそんな事やってる余裕はないんだよ!」とドヤされてものでした。
いつまでたっても余裕はないし、毎月の売り上げに追われ続けるし、営業会社だと上司が毎期入れ替わったり、新人がすぐに辞めたりと、数年にわたって顧客育成をするようなシステムはまず提案できませんでした。自分が来年同じ仕事をしている可能性があまり高くなかったりもするので、中期計画は全く実行できません。

続けられないことが目に見えているので提案も出来ないし、スタートとも出来ません。でも上層部は「新しい案はどんどん提案してほしい!」「チャレンジ!」とかいうわけです。ハイハイ。

これはある程度安定している上場企業でも同じです。
くまおさんが勤めていたウォーターサーバー事業の場合は、毎年無茶な予算を立てる習慣があり、第4クォーターで来期の売り上げをほぼ確実に先食いします。

今期の売上が足りない⇒値引きやキャンペーンで売ってこい⇒来期期首予算未達⇒それが尾を引き年度末予算未達⇒期首先食い・・・

ほぼデジャブの様に様々な部署で同じような事を体験しました。
そして、毎年1月頃、年明けに人事のうわさが流れ始め、3月末に人事通達が出て、第1クォーターは新任上司でバタバタするので、実質1月~6月までは仕事になりません。
特に1月から3月は人事系の事柄で皆ソワソワするの仕事に身が入らないのは言うまでもありません。
ですから、毎年毎年半年間はフルスペックで営業出来ていないわけです。且つ営業てきている期間も「来年、また上司変わるんだろうな~」とか「あ~この部下来期辞めちゃうかな~」とか、「こいつは異動だろうな~」とか、「俺もそろそろ異動かもな~」「こんな会社辞めようかな~」というモチベーションで働いているので、結果が低調になる事は言うまでもありません。

こんな意味のない事を毎年現場では繰り返しています。このような状況では中期的な顧客育成政策はまず不可能です。多くの会社が当てはまると思います。心当たり人は沢山いるでしょう。

今まで、様々な会社は人と接してきましたが、唯一会社のセールスの仕組みを元社員が褒めている会社がありました。それがキーエンスです。
なるほど、流石キーエンスと思った出来事です。

さて、話を戻して今のうちに営業マンが行った方が良いのがウェブマーケティングの勉強です。
幾つかの記事で書いていますが、アフィリエイト広告で月に5000円か稼げるようになってみてください。
その頃には周りを見渡して圧倒的にウェブマーケティングの知識が付いているはずです。おそらく、IT系の仕事をしているウェブに明るい人でも月に5000円をアフィリエイト広告で稼ぐと言うのは至難の業です。
ウェブマーケティングというのはあくまでもウェブ上で営業を意味しています。ですから、本来は営業マンが最も向いている職種なのです。

でも、上記の様な理由から所属している会社ではまず実行できないと思います。ですから、自力で頑張る以外方法はありません。
ちなみに、くまおさんにウェブマーケティングを教えてほしいと言ってきた人の脱落率は100%です。甘く考えているのかもしれませんが結構きついです。でもそれだけの価値は十分にあると思います。

まあ、そういう所で頑張れる人は「コロナショック 営業 どうるす」とは検索しないけどね(笑)すまん!