おじさんはオシャレが恥ずかしいという事

くまおさんはアラフォーのおじさんです。
常にオシャレになりたいな〜とは思いつつ、雑誌を読んだり、服を買ってみたりするものの何故かオシャレになれません。
一方、オシャレを考えているアラフォーって恥ずかしいとも思ったりしていました。

ちょうどその頃、諸事情があって職場まで30分くらいの自転車通勤をしていました。
その際に、スポーツウェアを複数揃えたので、休日にもそのスポーツウェアを着ていたんですよね。
そんな時、奥さんから「もう少し着る服に気を使ってほしい」と言われ、色々と考えました。
要するに「私服がダサいからなんとかしろ」というい意味ですね。

ただね・・・メンズ服って意味不明なくらい高いんですよ。これは昔から疑問でした。
メンズノンノとかイカれてますよね(笑)一体誰が買うんだと。
レディース服の奥さんの買い物に付き合うと安くてびっくりします。

レディース雑誌だとユニクロとかGUを使ったおしゃれなコーデが沢山乗っている媒体があるので、メンズでも同じような雑誌があるのかもしれないと思い探してみましたが無いんですよ。
さて、どうしたもんかと。どこにも答えがないし、指標もないし、オシャレはセンスだ的な感じだし。
メンズ雑誌の服はアホみたいに高いし(笑)

でね、ちょっと考えました。今までビジネスなどの問題にぶつかったときにどのように解決してきただろうか?と。
それは、近似事例を探したり、文献を漁ったり、本を買ったりすることでした。
その中から自分の状況に適用可能な方法を見つけて実践してみること。
もしかするとこれはファッションにも適用できるのではないか?と思いました。

色々と考えた結果下記本を買いました。(30代、オシャレなどと検索していたのでgoogle広告で出てきたのです(笑))

オシャレってセンスに100%依存すするのかな?と疑問に思っていたのですが、この本を読んで考え方が変わりました。この本は本当にすごいと思います。
バリバリ理系のくまおさんにとって、オシャレを理論として展開してくれている本書は、ものすごく受け入れやすいのです。

さて、現代はとても便利なもので何でもネットで買えます。MB氏によれは高い洋服は必要ないらしい。ユニクロ、GUで十分だと。
上記の指南にのっとりユニクロですぐにポチりました。
そして邪魔くさい昔の洋服をバンバン捨てました。心とクローゼットがスッキリします。

ここで、改めて思ったことがあります。
「オシャレを考えている事が恥ずかしい」という事です。
アラフォーにもなってオシャレを語っているのがなんとも滑稽に思えてしまうのです。もっと他に考えることがあるだろうなどと思ってしまうのです。(アパレル関係者の方ごめんなさい)
お洒落すぎるおじさんってちょっと気持ち悪い気もしてしまう(アパレル関係者の方、ホントごめんなさい)
だからこそ洋服はほぼ通販。子供がいると自分の洋服を買いに出かける機会はほぼありません。そして何よりも買いにゆくのが面倒くさい。
また、自分よりも年下の店員と洋服について話をするのが恥ずかしいという思いもあります。

まあ、多少サイズが違っても返品すればいいやと。

何だかんだで今年に入ってからユニクロ、GUで5万円分くらいは洋服を買ったかもしれません。これでしばらくは大丈夫でしょう。MB氏によるとまずパンツを買えということだったので買いましたよ。

その代わりに今まで持っていた洋服はかなり売ったり、捨てたりしました。
そのおかげで随分と小奇麗な格好になったと思います。自分で言うのもなんですが、くまおさんはまあまあ背も高く、スタイルも悪くないので、ちゃんとおしゃれな格好をすればそれなりになります。

そして気が付いたことがあります。

「自分の好きな洋服とおしゃれな洋服は一致しない。」という事です。衝撃です。

よくおしゃれな人が「洋服は自己表現。自分の好きな洋服を着ればいい。」みたいなことを言うのですが、それでは綺麗にならないし、全くオシャレではないのでのす。そして配偶者も嫌がる感じになってしまうのです。ですから、少なくともくまおさんの場合、自分の好きな洋服は着ないほうがいいという事になります。洋服は自分のためではなく、一緒にいる人のために着るものだと言う考えを受け入れ、優先しようと思います。

まあ、そもそも洋服にはそこまで興味はなかったわけですから、全然オーケーです。
自分らしさという事はとりあえず不要です。ビジネスでも出来ないやつほど自分らしさを主張します。
まずは、完コピしてその後に崩せばいいのです。・・・合ってるかな?合ってるよね?

ちなみにくまおさんの好きな洋服は、スカジャン、革ジャン、ジーンズ、ワークブーツ、アロハシャツ、刺繍、シルバーアクセサリー、エアジョーダンです。というか、アラフォー男子は皆好きなアイテムではないでしょうか?でもこれは・・・本当にオシャレにならない・・・。
数ヶ月前まで、キムタクはオシャレに見えるのに、なぜ自分は同じような格好をしてもオシャレに見えないのか全く理解できなかったのですが、今では理解できます。とにかく駄目なもんは駄目なんです。

最近では全身ユニクロになりました。柄物は買うなというから全部無地です。色物も買うなと言うから黒白灰茶です。&デニム。

全身ユニクロとバレたら恥ずかしいな〜と、思ったりもしたのですが、そもそも他人のファッションにそこまで興味無いですよね?まずバレないでしょうし、バレるって言うことは、その人は相当なユニクロマニアってことになりますし、それなら仲間だし(笑)

冒頭でお話した、メンズファッションがやたらと高い理由がわかりました。
それは「売れないから」だそうです。
メンズは基本的にあまり洋服を買わないらしく、生産量が少ないので値段が下がらないとのこと。
そして、販売量が少ない中でも一定の利益を上げるために、アイテム単価を上げてカバーしているそうです。

少し話が飛びますが、この動画がとても興味深かったです。様々なビジネスで同じことが言えるなぁと思い、ファッションといろいろな考え方がバチッとリンクした気がしました。おすすめ。

いや〜いい本に出会った。オシャレに関する人生の疑問が一つ解消されました。
ありがとうございます、MBさん。そしてこれからも応援しています。